« 頑丈な鳥籠か?(2014年5月24日撮影) | トップページ | 黒い物体(2015年2月27日撮影) »

2015年3月 3日 (火)

屑籠が多い街(2014年6月26日撮影)

Dscf0294  Dscf0297   Dscf0289 
 
大通りの歩道に大きな屑籠(くずかご)がたくさん並べて設置してありました。その間隔はなんと数メートルしかありません。よほどきれい好きな街なのでしょう。しかし、それにしても・・・。

 

ゴミを入れる口が見当たりません。最上部が蓋(ふた)になっているのでしょうか。取っ手(とって)が付いていないのは不親切です。

 

近づいてよく見ると「若林区街灯」のラベル(銘板)が貼られていました。屑籠と見間違えたものは「遠州行灯(えんしゅうあんどん)の形状に作られた街灯(がいとう)でした。ここは仙台市若林区の連坊小路(れんぼうこうじ)です。これは五橋方面から木ノ下にあった陸奥(むつ)国分寺の二十四僧坊に通じる道で、昔は鉄砲足軽組の屋敷が並んでいたそうです。

 

関連ブログ 「仙台散策(最終回) 荒町・南鍛治町から連坊小路へ

« 頑丈な鳥籠か?(2014年5月24日撮影) | トップページ | 黒い物体(2015年2月27日撮影) »

気になるもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560813/61171794

この記事へのトラックバック一覧です: 屑籠が多い街(2014年6月26日撮影):

« 頑丈な鳥籠か?(2014年5月24日撮影) | トップページ | 黒い物体(2015年2月27日撮影) »