« ナバロンの要塞か?(2014年5月21日撮影) | トップページ | 頑丈な鳥籠か?(2014年5月24日撮影) »

2015年1月 5日 (月)

ジャングル?(2014年5月23日撮影)

2014_05260893  2014_05260892  2014_05260890 
   
大きな根がむき出しになっった奇妙なだい巨木を見かけました。 ここはハワイ・オアフ島のワイキキビーチ横にあるカピオラニ公園の道路際です。

 

ハワイには様々な巨木が見られます。まず、日本で「日立の樹」として知られる洋傘のような形をした「モンキー・ポッド」や、ラナイ島で多く見られる「クック・パイン・ツリー」(ノーフォーク松)が挙げられますが、この木はそれらとは異なります。

 

実は日本国内でも観葉植物として人気がある「ガジュマル」(バニヤン)なのです。5か月後に訪れた台湾・高雄市の寿山国家自然公園でも「ガジュマル」の巨木を見かけました。一本の木から多数の幹が伸びて、しかもその枝からは気根と呼ばれる根が地面に向かって垂れ下がっています。実は根が地面に達すると、それが根付いて幹になるのだそうです。

 

ハワイには巨木となる木がまだまだあるようです。カメハメハ大王の銅像が建っている近くには「サウスクィーンズランドカオリ」というオーストラリア原産の木があり、有名な巨大ショッピング・モールの前にあるアラモアナ公園にはアフリカ原産の「ソーセージの木」という木があそうです。

 

関連ブログ 「憧れのハワイ空路 ホノルル(その16) ワイキキ水族館#1

« ナバロンの要塞か?(2014年5月21日撮影) | トップページ | 頑丈な鳥籠か?(2014年5月24日撮影) »

気になるもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560813/61057848

この記事へのトラックバック一覧です: ジャングル?(2014年5月23日撮影):

« ナバロンの要塞か?(2014年5月21日撮影) | トップページ | 頑丈な鳥籠か?(2014年5月24日撮影) »