« 路面アート(2014年5月4日撮影) | トップページ | ナバロンの要塞か?(2014年5月21日撮影) »

2014年11月12日 (水)

巨大な角材(2014年5月19日撮影)

2014_05260465  2014_05260466  2014_05260464   
砂利が敷かれた場所に大きな角材が置かれていました。何かのオブジェでしょうか? ここはハワイ・ラナイ島のほぼ中心にあるラナイ市で唯一のカジュアルホテルであるホテル・ラナイ前の広場(シャトルバス乗り場)です。

 

年輪の形状から角材は2つとも大木の中心部のようです。木の種類までは分かりませんが、ラナイ島で並木に利用されているクック・パイン・ツリー(ノーフォーク松)かもしれません。パイン・ツリー(松)の名前が付いていますが、杉の仲間(ナンヨウスギ科)で、樹高が60mに達するものもあり、建築や造船などで利用されているそうです。

 

全体を見ればベンチであることが分かります。それにしても迫力があるベンチですから、利用する人の体重に制限はなさそうです。2つの角材を組み合わせただけのベンチはすわり心地が気になりましたが、自際に座ってみると、杉材らしくソフトな感触が快適でした。ちなみに、周辺の立木もすべてクック・パイン・ツリーのようです。

 

関連ブログ 「憧れのハワイ空路 ラナイ島(その14)

« 路面アート(2014年5月4日撮影) | トップページ | ナバロンの要塞か?(2014年5月21日撮影) »

気になるもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560813/61053111

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大な角材(2014年5月19日撮影):

« 路面アート(2014年5月4日撮影) | トップページ | ナバロンの要塞か?(2014年5月21日撮影) »